「異動」の季節がやって参りました!

いよいよ2017年度も、残すところ1ヶ月になりましたね。

 

会社で働かれている方はそろそろ異動の内示が出る時期なんではないでしょうか。

私もサラリーマンですので私自身の異動が気になっているところです。

 

“異動”というと、命じられた方は期待と不安で胸がいっぱいになることだと思います。

私もなんども異動を経験しておりますが、異動の内示がある度に、次の部署でちゃんとやっていけるのか、失敗したらどうしよう・・・など期待と不安で一杯になった経験があります。(私は性格上、不安になることが多かったので異動先で慣れるまでは落ち着かない日々を過ごしておりました。)

 

今日は異動先の部署でなんとかやっていくための私なりのメモを、対人面と仕事面の2つの面からから書いて見ようと思います。

 

【対人関係】

異動先で最も問題となる点は、やはり“人間関係”ではないでしょうか。

私も幾度となく人間関係に悩まされてきましたが、私なりの対処方法を記載します。

 

(ⅰ)もし上司とソリが合わなかった場合は、仕事以外では一切関わらず、プライベートを充実させ精神衛生を保つよう心がける。(上司の方と意気投合したのなら積極的に時間を共にした方が学びは多いと思います。)

(ⅱ)苦手な人とほどより多く話すことによって、苦手意識を下げることを心がける。(相手への先入観で苦手意識を持っていることもあると思うので、その確認作業でもあります。)

(ⅲ)勤めている会社の人以外の人と関わりを持ち、客観的な視点を持つことを心がける。(長く会社に勤めていると、その会社が「常識」となってしまうため、その「常識」が通用するのかどうかの確認にもなると思います。)

 

【仕事面】

全くの新しい部署に異動になった場合は、右も左もわからないことになると思います。

そんな時の私自身の対処法を書いて見ようと思います。

 

(ⅰ)一気に一年間の仕事の確認を行い、おおよその流れを頭に叩き込むことを心がける。(最初に負荷をかけて一年間を把握することで、大体の不安から解放されると思います。)

(ⅱ)残業を惜しまず積極的に新しい仕事に取り組む。(過度な残業は考えものですが、最初にかける負荷を大きくすることによって、後々の自分の時間を確保する手段と考え、積極的に取り組み吸収していきます。)

(ⅲ)相手への感謝の気持ちを忘れず、しっかりと口に出して伝える。(対人関係と重なるポイントかもしれませんが、自分から感謝の気持ちを誰に対しても伝えることで仕事がスムーズに進んだり、雰囲気が良くなると思いますので、些細な感謝の言葉を心がけると良いと思って実践しております。)

 

以上、メモとして書いてみましたが、私自身もまだまだ未熟者ですので、日々精進していきたいと思っております。

どこか一つでも参考になるポイントや考え方があると幸いです。

 

それではまた。