【就活生向け】面接の基本!

就活の第一関門はエントリーシートの提出だと書かせていただきましたが、本当の関門はやはり“面接”ですよね。

 

たとえエントリーシートを上手く書けても、面接を乗り越えない限り、その先にある内々定にはいつまでたっても辿り着く事は出来ません。

 

面接で何度も落ちてしまう理由は、実はとても些細なことだったりします。もちろん、その会社と相性が合わず落ちてしまうことはありますが、多くは少しの改善で良くなると考えてます。

少しでも参考になればと思い、基本的なポイント3つをお伝えします。

 

 

〈ポイント1〉入室(もしくは自己紹介)の際の声は大きな声でハキハキと!

 

ものすごく当たり前のように思われるかと思いますが、実は非常に“出来ている人”と“出来ていない人”の差が大きく現れるポイントです。

面接というとても少ない時間で自分をアピールするには、「第一印象」が良いに越したことはないわけです。

入室(もしくは自己紹介)の段階で“大きな声”を出すことで、面接官に良い印象を与えられます。

緊張はしてると思いますが、すぐに実践できるところなのでやってみて下さい。

 

〈ポイント2〉質問にはシンプルに答えよう!

 

面接官からの質問に対しては、まずストレートに“答え”から言いましょう。

だらだらと経緯やエピソードから話してしまうと、多くの時間を取ってしまい、会話のキャッチボールをする時間がなくなってしまいます。

すると結局、自分のアピールしたいところ、人となりなどを表現することなく面接が終了してしまうわけです。

 

シンプルに“答え”から言うことだけで印象がグッと良くなります。

エピソードなどは“答え”を言った後に、長くならない程度に添えましょう。

 

〈ポイント3〉面接官の目を見よう!

 

ここは少し緊張して上手く出来ない難しいポイントかもしれません。

しかしながら、面接官も人間ですので、目を見て話しをしてくれる学生の印象はとても良くなります。(さらに、楽しそうに話しが出来るとより印象はよくなります。)

しかも、目を見て話しをすると話しが伝わりやすくなると言った研究もあるようですので、恥ずかしがらず是非とも頑張って見て下さい。

 

 

以上、簡単に実践出来るポイントをお伝えしました。

こうした「基本」となる部分を抑えることで、次の面接に進みやすくなります。

また、こうした「基本」は普段の生活でも練習することが出来るので、早いうちに「基本」を習得してしまうと後が非常に楽になります。

 

今日は「基本」をお伝えしましたので、今後このような記事を書く際は、場合場合に応じた対策や心構えなどについて書いていきたいと思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

それではまた。