【就活生向け】面接でこれやったらアウト?〈見た目編〉

3月1日から一斉にスタートした就職活動。


スタートして1週間経ちますが、就活生の方々は忙しい毎日を過ごされていることだと思います。

 

今日は「面接」でこれをやったらアウトだよね!と思われる内容を、野球と同じく3アウト制お伝えしたいと思います!

(私の経験を元にお伝えしておりますので、企業によっては何も思わない、もしくは気にしていないこともありますのでご了承ください。)

 

◆1アウト:服装がだらしない!

 

「人は見た目が9割」という本が10数年前に流行ったのは記憶に新しいところではありますが、まさにその通りだと痛感するポイントです。

面接というのは、ほとんどの場合初めて会う人と面接します

つまり、皆さんの人となりなど事前に知らないわけです。

 

となると、皆さんのイメージをまず初めに作り上げるのは、「見た目」ということになります。

第一印象がマイナスイメージから入ってしまうと、その後プラスイメージにするまでにかなりの労力を要します。

それはとても大変なことなので、これは是非避けたいですよね!

具体的なチェックポイントを下記にお伝えします!

 

【チェックポイント10選】

  1. ワイシャツはパンツから出ていないか
  2. ワイシャツのえり・そでは汚れていないか
  3. ジャケットの肩に埃は付いていないか
  4. スーツがヨレヨレになっていないか
  5. 寝グセは付いていないか
  6. 手の爪が長すぎないか
  7. 靴はしっかり磨かれているか
  8. 化粧は濃すぎないか
  9. カバンの中はきちんと整理されているか
  10. 靴下・ストッキングは伸びてたわんでいないか

 

ザッと書いてみましたが、採用担当者、面接官はこれらを瞬時に見ています。

上記の10のチェックポイントを網羅しておけば、大方マイナスイメージを持たれることはありません。

なぜなら、見た目全体に“清潔感”が出るからです!

面接の前日、当日朝にすぐ準備できる部分ですので、ぬかりなく準備しましょう!

 

“初めが肝心です”。

 

 

◆2アウト:座っている際の姿勢が悪い!

 

引き続き「見た目」の分類に入って来ますが、やはり座っている時の“姿勢”も大事なポイントです。

 

姿勢は背筋をしっかりと伸ばして、胸を張るような形で椅子に腰掛けるだけで堂々とした雰囲気を作り上げることが出来ます。

猫背の方は特に意識を背中に回して、面接時間だけでも気をつけましょう!(私も猫背なのでかなり苦労しました。)

 

◆3アウト: 人の話を聞いていない!

 

これは集団面接などの時に見られるところですが、他の就活生が話している内容を聞いておらず、その内容について急に話を振られた際に何も答えられない時を想定してここに記載しております。

 

あまりこれをやってしまう就活生は多くはありませんが、自分の話すことが終わったら安心するのか、全く横の就活生の話を聞いていない人がいます。

 

正直これは、面接官として見ていると「やる気ありますか?」と非常に突っ込みたくなるので、しっかりと他の就活生の話を聞いて興味・関心を持つよう心がけましょう(笑)。

 

以上、これをやったらアウトだよね!をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

簡単なことばかりですが、簡単ゆえに出来ていない人が多くいるポイントになりますので、是非とも日々意識して、実りある就職活動にしていただけると幸いです。

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた。